シラグラとバイアグラの効果の違い

バイアグラとは、男性の性的不能を解消するための薬で、陰茎海綿体の血管平滑筋を緩めることにより、陰茎への血液量を増やして、海綿体の内圧を高める作用があります。男性用機能障害治療薬のひとつです。
シラグラは、バイアグラのジェネリック医薬品で、有効成分の含有量が異なります。
シルデナフィルクエン酸塩を含んでおり、バイアグラと同じ効果を働きかける作用があります。
成分は一緒ですが、製法が異なるため、全て一緒ではなく、効果や効果の出てくる時間は異なります。
飲み方は、シラグラもバイアグラもいっしょで、食後に服用すると成分の吸収率が悪くなってしまうため、食前の三十分以上前に服用することで効果を発揮させることができます。
血管を拡張する作用があるため、アルコールを飲んだ場合には注意が必要です。

効果はさほど違いはありませんが、価格に大きな違いがあり、シラグラの方が安価です。
しかし、日本では認可の下りていない医薬品のため購入するには、直接発売元のあるインドに購入しに行くか、個人輸入で入手する方法があります。
しかし、個人輸入では、偽物も多く出回っているため、健康被害が出る可能性もあります。
また、どちらとも副作用のリスクは同程度となっています。

人気記事一覧
1
シラグラとバイアグラの効果の違い

2019年05月08日
(568 Views)

3
シラグラは日本でも手に入る?

2019年06月27日
(412 Views)